注意:このホームページの上下に掲載されている広告(コマーシャル)は,当研究班とは何の関係もありません.
このサイトの一部(PDF File)は,Adobe社のAcrobat Reader(Adobe Reader)がないと,ご覧になれません.お持ちでない方は,ダウンロード(無料)して下さい。

第 16回 病 理 検 査 研 究 班 合 同 講 習 会 の お 知 ら せ

テーマ :病理検査で使用する各種薬液の有害性と取り扱い
                                  プログラム(PDF)はコチラ

会期:平成19年9月30日(日) 午前9時30分〜午後5時30分   
会場:東京医科大学病院 教育棟5階講堂 
アクセスMAP  参加申込書(PDF)

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-7-1
交通:東京メトロ 丸ノ内線 西新宿駅 徒歩1分
 西新宿駅情報 東京メトロ路線図 JR新宿駅時刻表
                                   ジョルダン乗換案内(駅名入力検索)

☆講習会内容☆
受付開始 午前9時 〜  開講式  9時30分 〜

講演1.化学物質のヒト健康影響の現状
     森  千里 先生(千葉大学大学院医学研究院 環境生命医学)
     司会 鈴木 忠男(川口市立医療センター)
講演2.病理検査室で使用する各種薬液の有害性と取り扱い
    −労働衛生教育からのアプローチ−
     清水 秀樹 技師(日本医科大学千葉北総病院
     司会 澤登 八月(山梨厚生病院)
講演3.病理検査室から発生する医療廃棄物の処理と環境汚染
    堤  寛 先生(藤田保健衛生大学医学部第一病理学教室)
    司会 中山 朋秋JA長野厚生連佐久総合病院)
講演4.病理検査室で使用する薬液廃棄の現状
    −アンケート結果から−
    佐野 弘子 技師(国際医療福祉大学付属三田病院)
    司会 井浦 宏(千葉市立青葉病院)
講演5.各種薬液の再利用と代替え薬液について
     機器・製品紹介
    司会 芳賀 美子(自治医科大学附属病院)
       中山 雅彦(公立富岡総合病院)
閉講式 午後5時〜

☆募集要項☆
◆プログラム→ HTML  PDF
生涯教育:臨床専門教科C-20点  細胞診クレジット:JSC単位(10),IAC単位(6)取得可
◆募集人員:
100名(先着順):参加資格 原則として(社)日本臨床検査技師会会員
◆参加費:
会員:4,000円 非会員:8,000円(テキスト代を含む)
納入方法は振り込みになります.参加者には,後日ご案内を郵送いたします.
◆申込方法:講習会申込書に必要事項を記入の上,下記の申込先宛にFAXあるいは郵送にてお申し込み下さい.
ただし,申し込み後の取り消しはできませんので,予めご了承下さい.
申込先:〒160-0023 東京都新宿区西新宿 6-7-1東京医科大学病院 病理診断部
     三宅 真司(TEL:03-3342-6111内線3522 / FAX:03-3342-2062)

◆申込締切:平成19年7月31日(ただし、定員になり次第締切とさせていただきます)
◆主催:関東甲信地区臨床検査技師会
◆担当都県:東京都

責任者:三宅 真司(社団法人東京都臨床検査技師会病理細胞診検査研究班班長)
       鈴木 孝夫(関東甲信地区臨床検査技師会病理検査研究班代表)

☆問い合わせ:東京都臨床衛生検査技師会 病理細胞診検査研究班 班長  三宅真司
           東京医科大学病院 病理診断部  03-3342-6111 (PHS63085,内線:3522)

     

注意:このホームページの上下に掲載されている広告(コマーシャル)は,当研究班とは何の関係もありません.
このサイトの一部(PDF File)は,Adobe社のAcrobat Reader(Adobe Reader)がないと,ご覧になれません.お持ちでない方は,ダウンロード(無料)して下さい。